乾燥からくる顔の赤みを改善する方法をご紹介します

顔の赤みの主な原因は炎症と肌の薄さであるといわれています。乾燥や刺激などの影響によることも多いです。

 

肌の薄くなる要因はもともと薄い場合もありますが、洗顔による影響やピーリングなども関係しています。

 

洗いすぎたり、擦りすぎたりすることにより、顔の肌が薄くなってしまうこともあるのです。

 

特に薄くなりやすい部位が頬や鼻です。

 

そのため、赤みを帯びやすい部位は頬や鼻であることが多いといえます。

 

お肌が乾燥してくると水分が失われ、角質がはがれてしまいます。

 

そうなると、お肌も刺激を受けて炎症をおこすこととなります。

 

お肌が乾燥などで薄くなってしまうと、ニキビや炎症がおきやすくなります。

 

これが乾燥からくる顔の赤みの原因となります。

 

皮膚は潤いを保つことで外部からの刺激から肌を守る役割があります。

 

しかし、乾燥などで肌が薄くなることにより、肌のバリア機能が崩れてしまい、刺激が直接真皮などに伝わってしまうことになります。

 

そうなると、炎症増悪タンパク質というものが表皮でたくさん作られてしまいます。

 

また、炎症をひきおこす物質がタンパク質を攻撃し、表皮で増加していきます。

 

これが炎症がおきるしくみです。

 

炎症により、顔も赤くなってしまうのです。

 

この乾燥からくる顔の赤みの改善方法は、角質層を健康にし、皮膚の薄さを改善することが最もよい方法になります。

 

角質層が健康になることで、皮膚に厚みができ、バリア機能が働きだします。

 

外部からの刺激や乾燥からお肌を守ってくれることになります。

 

刺激の伝わり方もゆっくりなので、過剰に反応することもありません。

 

また、毛細血管が膨張することもなくなるため、赤みも改善されることになります。

 

角質層を健康にするためには、次のような注意が必要になります。

 

まず、洗顔ですが、ゴシゴシと擦るのではなく、手やスポンジなどを使用して優しく洗うことが大切です。

 

炎症がひどい場合には、化粧やクレンジングオイルは刺激となってしまいます。

 

できるだけ控えたほうがよいでしょう。

 

また、お肌に優しい保湿効果のあるクリームや石鹸を使用することも有効です。

 

このように、お肌のケアをしっかりと行なうことが重要になります。

 

外側のケアももちろん大切ですが、同時に内側からもケアする必要があります。

 

血管の保護作用があるビタミンCを多めに摂取し、睡眠や栄養を十分にとることも健康なお肌つくりには欠かせないものです。

 

あまり過保護になってもよくないですが、生活習慣に気をつけ、ケアをしっかりと行なうことで、十分に改善されます。